コンセプト

このエントリーをはてなブックマークに追加

 Vinoble Vineyardは中国山地の備北という地域に位置します。
備北の地から高品質なワインを…という思いを込めてVi(備北)、Noble(高品質な)、Vin(ワイン)、Vineyard(葡萄園)=Vinoble Vineyardと名付けました。良いワインは良い葡萄から… という今や常識ともなった文言を忠実に守り土作りから葡萄栽培管理、品種特性を引き出す事を最重要視しワイン造りは農業との思いを胸に日々作業しています。


栽培方法

 ワイン用品種といわれる欧州系品種は海外に見られるように一般的には垣根仕立で栽培されることが多いですが、当園では垣根仕立を行いつつも当地方に合った栽培方法を模索してきました。その結果、生育期間(4月~10月)の雨量が多い事、収穫直前に秋雨前線にぶつかる事が挙げられ、地表面の湿度も高くなり病害の発生のリスクが高くなります。そのリスクを軽減するには当地方で古くから採用されている一文字短梢棚式栽培に雨除けのビニールを設置した施設栽培が合っていると確信しました。ワイン通の方には棚式なんて…と思われる方もおられるかもしれませんが、良い葡萄を得るための手段ですのでこの地方に合った栽培方法を行うことが重要だと考えています。


栽培品種

 当地方は盆地という土地の形状により昼夜の温度差が大きく赤ワイン用品種の色乗りや、糖度の乗りが良くなる傾向があります。栽培が難しいといわれるPinot Noir種でもしっかりと色が濃くなり糖度も21度まで上がるという栽培実績もあります。一般的に広島県というイメージだと温暖と思われる方がほとんどだと思いますが、当地方は中国山地のほぼ中央に位置する山間部のため夏でも比較的冷涼(特に夜は寒いくらい!)な気候になります。そのためアロマティック品種といわれるSauvignon blancやGewurztraminerを植栽しており、今後ワインになった時には品種特性を引き出せるのではと考えています。